福岡市でサッシ修理のことなら、井上総合サッシ株式会社へ!

サッシの不具合が見られたら、サッシ修理をおすすめします!

サッシの動きが悪い、開閉時の音がうるさい、、、などの不具合でお困りのことはありませんか?
窓は、防犯の面でも特に気をつけなければならない部分になりますので、早めの修理が必要になります。

サッシ

サッシ不具合の原因

経年劣化
サッシの寿命は長くて約30年ほどだと言われています。アルミサッシの表面が粉を吹いたような状態になっているのなら、これは経年で腐食してきたことが原因になります。

戸車が壊れている
窓の不具合の原因の殆どが、この戸車の不具合になります。戸車は、消耗品であり、開け閉めを繰り返すうちに位置がずれ、壊れてしまう・すり減ってしまうなどの原因で、窓そのものの開け締めがしにくくなるのです。
※戸車(とぐるま)…引き戸につけて、開け閉てをなめらかにする小さな車輪のこと。

サッシの建て付けが悪い
窓枠が歪んでいる・レールとの隙間がなく開け閉めがしにくい、などの不具合は建て付けが悪いことが原因かもしれません。戸車には、建て付け調整用の穴があり自分で調整することも可能ですが、一度外れてしまうとつけなうすことが困難になるので注意が必要です。

鍵の不具合
窓の開け閉めをする時に使うクレセントは、経年劣化により中の部品が壊れ、鍵が回る部分がゆるくなったりなどの不具合が出てきます。防犯面を考えると、きちんとしておかなければならない部分になりますので、完全に壊れてしまう前に修理しましょう。

サッシの修理にはどんなものがある?

戸車の交換
戸車が劣化・破損している場合は、戸車の修理・交換をする必要があります。破損の場合、注意しなければならないのは戸車は商品のサイクルが早く、交換したい戸車の在庫がない可能性もあります。戸車の交換は業者に依頼したほうが良いでしょう。

建て付けの調整
サッシとの隙間があると、窓の建て付けが悪くなります。戸車の高さを調整をすることで建て付けの悪さを解消することができます。

クレセントの修理
鍵のかかりが悪かったりゆるい場合は、鍵本体の他にも鍵受けの調整をすることで改善されることもあります。クレセントそのものに不具合等がある場合は、新しく交換する必要があります。
※クレセント…引き違い窓などの、半月形の締め金具のこと。

地域密着型の会社として約50年の経験と実績があり、暮らしのお悩み解決に絶対の自信があります。
福岡市で暮らしのお困り事がございましたら、井上総合サッシ株式会社にお任せ下さい!

お問い合わせはこちらから

関連記事一覧

  1. 鍵
PAGE TOP